FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

『算法求積通考 巻之四 82』を読みなおしているが、疑問な点がある。⇒自己解決した。

『算法求積通考 巻之四 82』を読みなおしているが、理解できない点がある。

率 の使い方に疑問がある。良く理解できない。

解のかなり早いところ(PDFファイルで2ページ目)で次のように定義している。

2014_04_03_001.jpg

ところが、少し先にいくと(PDFファイルで5ページ目)

2014_04_03_002.jpg

としている。しかし、偶除表のところでは、率を次のように定義していた。

2014_04_03_003.jpg

大(大径)と、小(小径)には特別な関係は無いと思うが、
大(大径)と某径,弦,径(ここでは大径と同じ意味)の間には、ひとつの円の中で
特別な関係がありそうだ。

これを、まったく同じに扱うのが良く分からない。

『算法求積通考 巻之二 立表』を見ると、率を他の定義でも使っている。

このあたりをクリアに理解しないと応用が難しい。

《追記:自己解決した》

偶除表を使う時に、今までの図形とは別の円で考えれば良いと考えた。
新しい円は、直径が大径と同じ長さで、小径と同じ長さの弦がある。
分割の個数は、元の図形の分割の個数に合わすことで天も同じに
扱うことができる。

このように考えれば、率を同じに扱える。

図を書けば、もっと理解を深められるだろう。



関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する