FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

群馬の算額106の 第1問の問題を 掲示しました。

群馬の算額106の第1問の問題を、ホームページに掲示しました。
問題の内容も理解できていないため、問題文までです。

2013_08_27_1.jpg


漢字で2行になっている部分が、(ワードで)うまく書けず、上付き文字1行で書いています。
また、漢字2行で書かれている部分も、並列の意味があるところは、上付き文字1行と下付き文字1行で書いています。

なかなかうまく表現できないのですが、
『群馬の算額』には、「乃円楔高円壔左右如半経而刃如水平」と読めるように書かれています。

意味が分からず、いろいろ考えていましたが、「樹林寺奉額算題」の一次資料を調べたところ
左右と水平が並列になっていて、他の部分と少し間隔があり、
「乃円楔高円壔如半経而刃如  左右水平」 と読む方が分かりやすいのではと考えました。

また、「壔」の文字は難しいので「筒」に代えています。(と言いながら図は、「壔」のまま)

とは言っても分からない部分は、まだまだあります。
「円楔高」とは何か?「円楔経」とは異なる?
「穿去面積」とはどこの面積か?(穴のうちのりらしいのだが・・・)

まだ、私なりの解釈ができていませんので、問題文のみです。



関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する