FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

八丁注連(はっちょうじめ)

7月12日に、倉賀野の安楽寺近くの歩道橋のたもとで、新しい八丁じめを見た。
「先ほど、小型トラックに乗った人たちが付けていた。」とのこと。

「祇園祭りに関係している。」とか「農休み」の前とか聞くが良く分からない。

『倉賀野物語』という本には、
『八丁〆は安楽寺が発行元である。これは疫病除けの神で・・・伝染病を町内毎に
しめだしてしまうという意味・・・青竹に厄除け札と〆をつけて字(あざ)境いに立てる。』
とある。

20130712001.jpg
歩道橋のたもとの 八丁じめ。

20130712002.jpg
厄除け札?  ピントがずれた。

20130712003.jpg
古墳の近くの 八丁じめ。むこうに見えるのは、大鶴巻古墳。

20130712004.jpg
厄除け札。


《7月14日追加》
3.jpg
倉賀野の脇本陣須賀喜太郎宅(今はメンテナンス中〉の東側にも、八丁じめが有った。
3_2.jpg
厄除け札が付いている。
道路の先に見えるのが、群馬銀行倉賀野支店、もう一つの倉賀野の脇本陣須賀庄兵衛跡の東半分に立っている。

5.jpg
倉賀野の仲町の山車倉では、祭り(?)をやっていた。
祇園祭りだろうか、八坂大神と書いた万灯が左右に有るので、たぶんそうだろう。これも疫病除け。
小さい頃の思い出に無い。
思い出には、かすかに、『てんのうさま』とか『万灯行列』『戦い終わって、万灯をひきずって、
雷雨の中を帰る人々』がある。これは何だろう?。

《7月17日追加》
4_1.jpg
倉賀野の西側の並木跡にも、八丁じめがあった。
少し見にくい写真になってしまったが、真中の松の手前。
4_2.jpg
厄除け札は、破れてすでに無い。竹に付けたこよりの部分が残るのみ。
江戸の頃は、高崎から倉賀野の間に、並木が有った。杉に松が混じっていたという。
近年、道路の中央分離帯として、並木が復活したこともあったが、出動中の消防車が乗り上げて
何人も亡くなる大事故を起こしたりして、また無くなった。
今は、道路の北側にわずかに松の植林があるのみ。
 
《7月21日追加》
倉賀野の九品寺(くほんじ)の角でも、八丁じめらしきものを見つけた。
2013_07_21_1.jpg
近寄って見ると、厄除け札が付いている。
2013_07_21_2.jpg

高崎市市民活動センター(ソシアス)へ行く途中で、八丁じめらしい笹竹を見つけた。
ここは、引間(ひきま)町と棟高(むなだか)町の境(さかい)なので、八丁じめだろう。
厄除け札が無いのが残念。
2013_07_21_3.jpg
近くで見ると、厄除け札は無いが、付いていたらしき こより が見えた。
2013_07_21_4.jpg

《7月25日追記》
図書館で本を読むと、八丁じめ が載っていたので、上げておきます。
『上州路 その旅人たち』の小林一茶の記事の中に紹介されています。

2013_07_25_1.jpg

2013_07_25_2.jpg


下は、前にも書いた、『倉賀野物語』です。
少し疑問に思う記述もありますが、昭和の頃の写真が乗っています。
厄除け札らしきもののほかに、御幣らしきものが付いているようです。

2013_07_25_3.jpg

2013_07_25_4.jpg
関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する