高崎・和算愛好会 管理人ブログ

4月29日に、高崎スプリングフェスティバルで、獅子舞を見てきました

4月29日、高崎スプリングフェスティバルで、獅子舞を見てきました。

2018_04_29_01.jpg
2018_04_29_02.jpg

これは、八木節の部分です。
[広告] VPS



観覧席で見たこのハッピの人は、獅子舞の関係者でしょう。
2018_04_29_04.jpg




阿久津町の獅子舞は、稲荷流の3宗家のひとつです。
今回は、3人のカンカチと3頭の獅子の構成でした。
獅子舞の事を、「ささら」と呼ぶほど、他県では「ささら」という竹製の楽器を使いますが、
群馬県では、この「ささら」という楽器のかわりに、「カンカチ」という金属棒を使うものがほとんどです。
「カンカチ」を持って舞う人も「カンカチ」といいます。獅子の舞いとカンカチの舞はほとんど同じです。

打ち込み
[広告] VPS


ぼんてん(前の切り、中の切り、後の切り)
[広告] VPS


うた(てんぐ拍子)、おいとま
[広告] VPS



「ささら」は使いませんが、「うた」の中には、「ささら」という言葉が出てくるのですね。


4月30日の上毛新聞に、スプリングフェスティバルの記事が載っていました。
2018_04_30_04.jpg
2018_04_30_03.jpg



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する