FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

高崎学検定 第4回プレ講座「古墳から探る古代高崎の地域力」を聞いてきました

今日は、古墳の話を聞いて来ました。

この辺りには古墳がたくさん有ります。
このブログで以前に書いた倉賀野の安楽寺も、安楽寺古墳という円墳です。

安楽寺の近くには、浅間山古墳(せんげんやまこふん、古文書では千間山とも書かれている。)や
大鶴巻古墳(おおつるまきこふん),小鶴巻古墳(こつるまきこふん)という前方後円墳があり、
以前には、小さな円墳や方墳まで入れると2キロ平方程度の中に200基以上ありました。

いまでは、大きなものを残して、小さなものはほとんど削平されてしまいました。
耕して、田畑にしてしまったということです。
わたしが小さい頃は、畑の中から土器のかけらが時々見つかったものです。

今日の講座では、このちかくでは、浅間山古墳(せんげんやまこふん)だけが説明されましたが、
時代別に興味深い説明があり、大変楽しいものでした。

興味のある方は、下から高崎学検定の説明に行けます。まだ、第4回の講座の資料や音声は載って
いませんが、じきに載ると思いますので少しお待ち下さい。

高崎学検定 プレ講座

関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する