高崎・和算愛好会 管理人ブログ

群馬県和算研究会の例会に、桐生へ行ってきました

10月1日に、群馬県和算研究会の例会で、桐生へ行ってきました。
今回も私は、発表は無く、11月26日に予定している算額研究会の準備状況報告だけです。

発表は次の5件でした。
1.お家流くずし字の「算法新書」巻之二 の解読と計算 :皆川一郎さん
2.和算の曲率問題とメネラウスの定理           :小曽根淳さん
3.円錐曲線に接する累円群                 :木下 宙さん
4.茨城県大栄寺の算額解法(その3)            :鶴見和之さん
5.難問・明星輪寺算額に対する某書発表解法は、
  題意解釈の誤解?                      :長井宏之さん

むつかしい話が多く、なかなか理解できないのですが、聞いていると分かったつもりになります。

次の資料を受領しました。
1.群馬県立歴史博物館紀要 第38号抜刷 「堤堀普請人足割□□の事」
2017_10_02_01.jpg

2.和算問題教材化研究会 会誌 「和文化数学」創刊号 
  表紙
2017_10_02_02.jpg
  目次
2017_10_02_03.jpg
  最終ページ
2017_10_02_04.jpg

3.和算問題教材化研究会 第4回研究会総会 の案内
2017_10_02_05.jpg

教育をする側の人には、「和算問題教材化研究会」は一度参加してみたらいかがでしょう。

私のような、和算を教わって楽しもうと思っている者には、遠いと思いました。





関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する