高崎・和算愛好会 管理人ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倉賀野バードウォッチング(野鳥観察会)に参加しました

2月18日に、身近な野鳥を知る、野鳥観察会に参加しました。

北風が吹きすさぶ寒い日で、会の参加者は主催者側含めて11名と少なく、
肝心の野鳥の方の参加も非常に少ない状況でした。

ジョウビタキ,オオバン,コガモ?(カモの類だが・・・),
ダイサギ?(サギの類だが・・・),カワウ,

他はよく見る、ハシブトガラス,スズメ,ムクドリ,ヒヨドリ,キジバト

私はよく見られなかったが、アトリ,ツグミ,キジ ,シメ

遠くにいる事が多く、望遠鏡をセットしている間に飛び立ってしまうことも。

数え上げると、身近にいろいろな鳥がいるのに気づきました。


野鳥観察会が終わったが、もう少し見たいと思ったので、
一人で新堤(しんづつみ)へ行ってみました。

一人で歩く方が、野鳥を近くで見られるようです。話をしないからなのかな。
2mほど先の歩道を、ハクセキレイが忙しそうに先導してくれます。
1mほど左の小梢では、大きな口を開けてヒヨドリが鳴いていました。
カメラを用意する間にどこかへ飛んでいってしまいました。

新堤では、近くのみずたまりで、ツグミが水を飲んでいました。
2017_02_21_001.jpg

新堤のほとりに立つと、遠くにいたカモがこちらを目指して集まって来ました。
誰か、エサをくれる人がいるのでしょう。『エサは、持ってないよ。』といって写真を撮りました。
2017_02_21_002.jpg

この2匹は、ヒドリガモのオスですね。
2017_02_21_003.jpg

こちらは、ヒドリガモのメスです。
2017_02_21_004.jpg

集まって来ると、かわいいものですね。新堤、おすすめです。

家に帰ると、上毛新聞に、ヤツガシラが載っていました。
2017_02_21_005.jpg
2017_02_21_006.jpg





関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。