FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

榛東村新井の八幡宮へ行って来ました

11月12日に、「倉賀野宿の会」の史跡見学会に参加して、
榛東村新井の八幡宮へ行って来ました。

嘉禄2年(1226年)に、桃井義胤が鎌倉の若宮八幡宮を勧請して創建したと伝えられる古社。
明治35年(1902年)12月、社殿4棟全焼。
倉賀野の大杉神社(大須伎神社)の社殿を購入し、明治41年4月新築9月落成。

「新井八幡宮」や、674番地での検索では、地図が得られません。
「榛東村新井地区文化センター」で検索すると近くに見つけられます。
2016_11_20_2_01.jpg
拡大図です。吹き出しは、私が付けました。説明が欲しいですよね。
2016_11_20_2_02.jpg

社殿は、こじんまりしています。
2016_11_20_2_03.jpg

こじんまりしていますが、彫刻がすごい。周りにもたくさんあります。
2016_11_20_2_04.jpg

本殿も細工が良い。もう少し彫刻が有ってもよさそうだが、あまりを売却したというのはこの辺りかな。
全体として、倉賀野神社の社殿に似ている、小型版というところです。
2016_11_20_2_05.jpg

この辺りは、近年「八幡ホタルの郷」として有名です。
清流には、貝殻や菜の葉がまかれ、カワニナやサワガニが見られました。
2016_11_20_2_06.jpg

道路脇には、「八幡ホタルの郷」の案内と「八舞亭」という東屋があります。
2016_11_20_2_07.jpg

「八舞亭」の横から、池の向こうに、八幡宮の社殿が見えます。
2016_11_20_2_08.jpg


榛東村新井の人々に守られて、初夏にはホタルに囲まれて、倉賀野に居るよりも幸せかもしれないと思いました。





関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する