FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

「群馬の算額No.111」倉賀野神社の算額の乾拓の写真が載っていた

別件で、『図説 高崎の歴史』という本を読んでいたら、乾拓の写真が載っていました。
2016_06_01_1.jpg

2016_06_01_2.jpg


この算額は、写真を見てもどこに何があるのか分からない状態です。
神主さんに以前に尋ねた時に、『見ても良く分からないが、触って見ると墨の跡が分かる』と
聞いていました。
乾拓という手もあると思っていたましたが、文化財を傷つける可能性がありあきらめていました。

書かれている文字については、別に記録されているので、この乾拓の写真で全体のバランスを
確認できます。

昭和63年発行の本なので、「高崎市内」は、現在に比べてかなり狭い範囲です。




関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する