FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

「倉賀野観光ガイドの会」に入会しました

5月18日は、「拓美の会」で山梨県の市川大門へ採拓に行く予定でしたが、
参加できませんでした。

5月12日に、会費を納入して、正式に「倉賀野観光ガイドの会」に入会しました。
2016_05_倉賀野観光ガイドの会

高崎市の名所旧跡案内板の、倉賀野地区22か所が分かりました。

先日、ブログに書いた17か所以外の5か所は次のとおりです。

69.小鶴巻古墳
71.下正六の石橋供養塔
77.倉賀野電修場跡
83.天下一角兵衛流 田子屋の獅子
88.一本杉

倉賀野地区22か所は、68番~89番までの番号が付いていました。

一応、すべて見て回ったが、ガイドにの会の講師から、
『完全に間違えているところがある。』と聞いています。
内容はまだ分かりません。

私が、見て回った限りでも、「誤記や誤字、脱字」がいくつかあり、
読み方の分からない漢字、熟語?がいくつもありました。

次回、5月23日の、ガイドコースの案内の時に一緒に教えてくれるそうです。

私が、まったく知らなかったものを載せておきます。
71.下正六の石橋供養塔

2016_05_19_2.jpg

案内板の後ろに、フレッセイ倉賀野西店の看板が見えます。

2016_05_19_3.jpg
五貫堀から分かれて、粕沢へ流入する用水にかかる橋なのでしょう。
今は、橋のようには思えませんが、良く見れば橋ですね。

写真の右側が石橋供養塔です。
上の方に、合掌した像がありますが、良く分かりません。
2016_05_19_4.jpg
右の面に、 安永七戊戌年 四月吉祥日
左の面に、 下正六中  6名の名前

左側が如意輪観音塔です。座像です。
2016_05_19_5.jpg
像を取り巻くように、文字があります。
右側 文化十二年
上側 亥
左側 四月吉日

2016_05_19_6.jpg
裏側に、「下正六村中 石橋せハ人」とあり、10名の姓名が刻まれています。










関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する