FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

粕澤橋の周辺、倉賀野町1番地へ行ってきました

12月8日に、倉賀野町の北東の端へ行ってきました。
旧中山道に沿って数メートルの幅で北東に伸びている先の方です。

上佐野町と倉賀野町の間を流れる粕沢川に架かるのが 粕澤橋 です。
2015_12_20_01.jpg
ここは、細野格城の著した『五萬石騒動』の102ページ「粕澤石橋投石の事」の
現場です。
倉賀野と岩鼻の間の梅の木で捕縛された、大総代佐藤三喜蔵と、岩鼻の萬屋で
捕縛された、大総代高井喜三郎の2人を、高崎城へ護送する岡っ引きと、
2人を奪い返そうとする百姓たちが、にらみ合い石を投げた現場です。

写真は、上佐野町から倉賀野町を見ています。
正面の建物は、高崎粕沢橋郵便局です。

ここから、左側を見ると、左に水門が、右にいくつかの碑が、見えます。
2015_12_20_02.jpg
ここは、古くは滝になっていたらしく、『滝を見ると、倉賀野町へ帰ってきたと感じる』と
あったのを、読んだことがあります。

水門をうらから見ると、大きな水門2つと、小さな水門1つで構成されています。
2015_12_20_035.jpg


碑は、5つ並んでいます。その右端に案内板?が立っています。
2015_12_20_05.jpg

右から2つ目の、黒い小さな碑は、左の3つの碑をここへ移した時に建てたものです。
うらに、平成4年10月 等々 彫られているが、笹が多く読めていない。
2015_12_20_06.jpg




以降は、もう少し碑文が読めてから追記します。

関連記事
スポンサーサイト




管理者にだけ表示を許可する