高崎・和算愛好会 管理人ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前橋市川曲町の諏訪神社に行って来ました

11月12日に、「倉賀野宿の会」の史跡見学会で、
前橋市川曲町の諏訪神社に行って来ました。

この諏訪神社の創建については、資料が無く不明だが、慶長11年(1606年)に、
前橋総社藩の初代秋元越中守長朝が祈ったという記録がある。
明治40年、国の合祀政策により、神明宮,琴平神社,八坂神社を合祀。
明治43年、倉賀野から三光寺稲荷(冠稲荷)神社の社殿を購入し、同地に改築した。

この神社には、2013年5月に来たことが有る。
2016年4月には、改修した新聞記事を見たことが有る。

場所の地図を次に示します。
2016_11_20_3_01.jpg
拡大図
2016_11_20_3_02.jpg

赤い立派な鳥居があります。
2016_11_20_3_03.jpg

碑に書かれた由緒書の内容が分かりやすく説明されています。
2016_11_20_3_04.jpg

神社の正面です。
2016_11_20_3_05.jpg

神社を左後方から見た図です。合祀した神社の石宮もきれいに並んでいます。
前は、本殿,幣殿,拝殿の構成でしたが、旧本殿の漆喰壁の破損が大きく修復できなかったそうです。
現在は、本殿と幣殿が一緒になっている。
2016_11_20_3_06.jpg

神社の正面の左右上方に漆喰の浮き絵があります。
これも、前のものをうまく取り外して付け替え、すこしお化粧したものだそうです。
前に見た時は良く分からなかったが、唐獅子牡丹の阿吽の対だろうと思います。
正面右側上方の阿形の唐獅子牡丹です。
2016_11_20_3_07.jpg
正面左側上方の吽形の唐獅子牡丹です。
2016_11_20_3_08.jpg

鳥居の右、公衆電話ボックスの近くに、2本の石柱が新設されています。
2016_11_20_3_15.jpg

右側の石柱に書かれている、格天井絵(ごうてんじょうえ)を見せて頂きました。
玉村の絵師・千輝玉斎(ちぎらぎょくさい)の作です。
一部分の写真を撮りました。1枚1枚に、奉納者と思われる名前が書かれています。
2016_11_20_3_13.jpg
2016_11_20_3_12.jpg

格天井のほかに、その下の梁にも絵が描かれています。
2016_11_20_3_14.jpg


素晴らしいですね。川曲の方々ありがとうございます。
こんなに良くしていただき、社殿もしあわせだと思います。


追記1   算額について尋ねて見ましたが、無さそうでした。
追記2   唐獅子牡丹について。獅子は、獅子身中の虫が怖いが、牡丹からのしずくで、
       獅子身中の虫を駆除できるので、獅子が牡丹の近くにいるという事らしい。(未確認)



スポンサーサイト

榛東村新井の八幡宮へ行って来ました

11月12日に、「倉賀野宿の会」の史跡見学会に参加して、
榛東村新井の八幡宮へ行って来ました。

嘉禄2年(1226年)に、桃井義胤が鎌倉の若宮八幡宮を勧請して創建したと伝えられる古社。
明治35年(1902年)12月、社殿4棟全焼。
倉賀野の大杉神社(大須伎神社)の社殿を購入し、明治41年4月新築9月落成。

「新井八幡宮」や、674番地での検索では、地図が得られません。
「榛東村新井地区文化センター」で検索すると近くに見つけられます。
2016_11_20_2_01.jpg
拡大図です。吹き出しは、私が付けました。説明が欲しいですよね。
2016_11_20_2_02.jpg

社殿は、こじんまりしています。
2016_11_20_2_03.jpg

こじんまりしていますが、彫刻がすごい。周りにもたくさんあります。
2016_11_20_2_04.jpg

本殿も細工が良い。もう少し彫刻が有ってもよさそうだが、あまりを売却したというのはこの辺りかな。
全体として、倉賀野神社の社殿に似ている、小型版というところです。
2016_11_20_2_05.jpg

この辺りは、近年「八幡ホタルの郷」として有名です。
清流には、貝殻や菜の葉がまかれ、カワニナやサワガニが見られました。
2016_11_20_2_06.jpg

道路脇には、「八幡ホタルの郷」の案内と「八舞亭」という東屋があります。
2016_11_20_2_07.jpg

「八舞亭」の横から、池の向こうに、八幡宮の社殿が見えます。
2016_11_20_2_08.jpg


榛東村新井の人々に守られて、初夏にはホタルに囲まれて、倉賀野に居るよりも幸せかもしれないと思いました。





岩櫃城跡へ行ってきました

11月12日に、「倉賀野宿の会」の史跡見学会に、(会員ではありませんが)参加しました。
見学先は、岩櫃城址,北群馬郡榛東村新井の八幡宮,前橋市川曲町の諏訪神社です。

まずは、NHK大河ドラマ真田丸で紹介された、岩櫃城です。
吾妻エリアガイドブックにも載っている岩櫃山は、バスの中で見えました。
2016_11_20_1_1.jpg

バスで、平沢登山口の駐車場へ到着しました。駐車場には既に20台以上の車が止まっていました。
平沢登山口の観光案内所で、ガイドさんについて、1時間の予定で中城,二の丸,本丸の見学です。
観光案内所前に、岩櫃山登山コースの案内図がありました。
1時間ですからほんの一部で、登山というよりも、ハイキングです。
2016_11_20_1_2.jpg

観光案内所は、標高511mでした。
2016_11_20_1_3.jpg

岩櫃城跡の説明板です。
2016_11_20_1_4.jpg

中城、二の丸と言っても何もないので、ガイドをお願いするのは必須でしょう。
空堀の中を歩いたり、坂が有ったりして、滑らないように注意が必要です。
本丸址です。
2016_11_20_1_5.jpg

本丸址からは、原町が見えます。
2016_11_20_1_6.jpg

本丸址から、のぼりとは別のルートで観光案内所に戻って1時間10分くらいでした。
ガイドさんがいろいろ説明してくれて、大変良かった。
観光案内所前に大きな、岩櫃城址縄張図という説明図があります。
2016_11_20_1_7.jpg
説明内容が細かく、読めません。拡大すると以下のようです。
2016_11_20_1_8.jpg





群馬石仏の会 第38回ふるさと石仏写真展 を見てきました

11月1日に、第38回ふるさと石仏写真展 を見てきました。

拓美の会を主宰していた、大塚省吾さんが関係していた会です。
今回は、写真展で、おもむきのある写真が展示されていました。

2016_11_02_1.jpg
2016_11_02_2.jpg


案内はがき
2016_11_02_3.jpg


パンフレット
2016_11_02_4.jpg




手紙が書けなくなった

依頼をしたり、許可をお願いしたり、したいことが、いくつかあるのに依頼の手紙が書けない。
落ち着いて文章をまとめることができなくなった。
ウェブなら書けるが、手紙が書けない。
受け取った人がどのように思うかを気にして書くのは同じと思うが・・・。

毎日毎日、『今日もできなかった』が積り、新しいことができなくなった。

予定した事柄をこなす毎日が続いている。

10月15日   倉賀野宿の会 見学      倉賀野公民館

10月16日   倉賀野観光ガイドの会     ガイド対応 

10月18日   日高病院

10月21日   倉賀野観光ガイドの会     ガイド対応

10月24日   拓本同好会(拓美の会)    安中市原市の採拓 実作業

10月30日   第34回倉賀野公民館芸能祭  見学


毎日、『今日こそは手紙を書こう』『明日こそ手紙を書こう』が2週間以上続き、
書きたい手紙は、直ぐに書きたいものが3通、新しくやりたいことが3件たまってしまった。

すこしあきらめた。

『5日までに、1通書けばいいや。今日は書かなくてOK。』と決めた。
なんかすごく楽になった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。