高崎・和算愛好会 管理人ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東日本のトランヴェール誌11月号に、群馬の和算が特集されています

群馬県和算研究会のホームページに、小林会長監修の特集が、
JR東日本のトランヴェール誌11月号に、載っていると紹介されていました。

私も、10年以上新幹線通勤だったため、トランヴェール誌は時々見ていましたが、
年金生活となった今は、新幹線に乗ることは無く、実物を見ることはできません。

バックナンバーに1年程度残っているはずなので、リンクをはっておきます。
デジタルブックですが、ページのめくり方等の説明は出てくるのでそれにしたがえばOKです。

まずは、トランヴェール誌の説明から
2104_12_26_トランヴェール_タイトル_1

2014年11月号表紙
2014_12_26_tr_1_1.jpg
2014_12_26_tr_1_2.jpg


16ページ目~21ページ目までの記事なので、下のリンクをクリックした後で、ページをめくって見て下さい。
トランヴェール 2014年11月号





スポンサーサイト

久しぶりに、円理豁術(えんりかつじゅつ)の問題を解こうとしたが、まったくわからない

「解法の道」という項目で、円理豁術を学びはじめたが、中断してから半年近くなります。

もう一度、算額の問題に挑戦しようとしたのですが、現代解では、たぶん定積分で答えが出ると
思えるのだが、私は定積分の実際が良く分からない。
大学入試に必要な、一般的な関数の積分なら問題無いが、どんな関数で表して良いかわからない。

現代数学が解らないので、円理豁術で解こうとしているのだが、半年前まで学んでいた内容を
ほとんど忘れてしまった。

ここで、いちばん救いになるのが、自分のホームページだった。
「解法の道」の円理豁術の基本から読みなおしている。
新年には、円理豁術の応用ができるようになれればと思っています。

和算見学会の記事が載っていた  (2014年12月4付け 上毛新聞)

2014_12_04_2_1.jpg
2014_12_04_1_1.jpg


11月23日の算額見学会の記事が、12月4日の新聞に出ていました。
ちょっと時間がかかったが、載せてくれてありがとう。


一関市博物館から、平成26年度の和算問題が出題された

12月1日、一関市博物館から、平成26年度の和算問題が出題された。
今年で11年目ということだが、初めて挑戦してみようと思う。

問題は、初級,中級,上級の3問。
締切は、平成27年1月20日。

解答は、掲示できないが、問題を載せておきます。
興味のある方は、一関市博物館の問題のページへどうぞ。

一関市博物館 和算に挑戦 26年度問題

2014_12_01_1_01.jpg
2014_12_01_1_02.jpg
2014_12_01_1_03.jpg
2014_12_01_1_04.jpg



今日は、私の家の屋敷神様を祀る日だ

私の家の隅に、小さな祠があり、屋敷神様を祀っている。
今日、12月1日は、年に一度の屋敷神様を祀る日だ。

昔は、赤飯を炊いて、尾頭付きを供えていた。

今は、近くのスーパーで、赤飯とサンマを買ってきて、お供えする。

私の家は、12月1日だが、隣は12月15日だ。

近隣には、屋敷神様らしき祠が有る家もあるが、無い家も多い。

私の記憶では、もう半世紀前から続いている。

他から勧進したのでもなく、神様の名前も分からず、
私の家の家族や屋敷を守ってくれる私の家の屋敷神様の祭りだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。