FC2ブログ

高崎・和算愛好会 管理人ブログ

9月21日に、群馬県和算研究会へ行ってきました。

9月21日に、群馬県和算研究会に出席のため、前橋へ行ってきました。

年会費の支払い,会報の原稿募集,11月の研修会の相談,ホームページの項目追加等
いろいろ有りました。私は、11月以降の予定の見通しができず、11月は欠席です。

いくつかの、活動報告が有りました。
1.小山工業高等専門学校の和算図書の整理の件
  昨年9月から今年7月まで活動し、8月7日~8月9日に展示会を開催。
  松崎利雄名誉教授もよろこんでおられるだろう。
  下は、展示会ポスターと下野新聞の記事。
  2014_09_27_101.jpg

2.第10回全国和算研究大会,建部賢弘生誕350周年記念展示会,建部賢弘国際会議2014
  8月23日~24日:第10回全国和算研究大会(東京大会)
  8月24日~30日:建部賢弘生誕350周年記念展示会
    記念講演 「三代の将軍に仕えた歴算家建部賢弘」 小林会長
    研究発表3 「武田真元『算法便覧』巻8「正誤」篇を中心として」 中村副会長
    小曽根先生も発表(三角関数が江戸初期にオランダから伝わっている)
    2014_09_27_102.jpg

  来年の第11回全国和算研究会は、長野で開催予定です。
   平成27年8月22日~23日、宿泊費等含め参加費20000円、
   参加申込は平成27年5月~6月30日の予定だそうです。

3.発表2件
 (1)「和算における幾何図形の起源と背景について」 小曽根先生
 (2)「須賀宇太郎治意と須賀善太郎吉辰は、同一人物!?」 鈴木

4.その他
  貫前神社にある、「県下数学問題集」について知っている人はいるか?
  その場には、居なかった。

以上
スポンサーサイト



キンモクセイのかおりがしました。

9月26日に、お墓参りに行ってきました。

のんびりと歩いていると、キンモクセイのかおりがしました。

お彼岸の墓参りは、3回目です。

最初は、9月20日、マンジュシャゲがいっぱいで、今年は早いなと思いました。
年によって、まだつぼみだったり、咲き始めだったりするのですが、
ことしは満開。

2回目は、9月23日、人がいっぱい。知人にも何人か会いました。

そして、3回目が9月26日です。
もうマンジュシャゲは咲き終わりが目立ちます。
こんなときに、前には感じなかった、キンモクセイの香りでした。

私は、なんでお彼岸に3回も墓参りをするのだろう?
良くわかりません。
春の彼岸も3回墓参りをしています。
9月26日は、ほとんど人に会いませんでした。
一般的ではないようです。

会社勤めの時は、どこかで1回でした。

つぎから、1回にしようかな。