高崎・和算愛好会 管理人ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月14日は、円周率の日(πの日)でした。

3月14日は、円周率の日(πの日)でした。
時間が取れなかったので、今日(3月16日)にパイを食べて祝いました。

2014_03_16_5.jpg

ファミリーマートに3種類のパイが有りました。
どれも、サクサクしてうまかった。

2014_03_16_8.jpg

実は、江戸初期に刊行された、『塵劫記』で吉田光由は円周率として3.16を使っています。
3月16日も多少は、円周率と関係があると言えば言えるでしょう。

私は、昨日(3月15日)の勤務明けでアルバイトを終わりにしました。
昨年の9月中旬から約6カ月、時間が無くて和算を学ぶことは、ほとんどストップでした。

江戸時代は、百姓も和算を学ぶものがいたと言いますが、時間が無い中で非常に難しいことを
実感しました。隠居してからとか、豪農であったとかでないと実際はできないのでは?

私は、これからは求職活動に入りますが、和算もできる状態になりワクワクしています。

スポンサーサイト

藤岡で和算講座が開催されました。(3月3日上毛新聞記事から)

3月1日から、購読新聞を朝日新聞から上毛新聞に代えました。

地域のニュースが多そうなので。

3月3日付け上毛新聞に、群馬県和算研究会の小林龍彦会長の講演の記事が載っていました。
小林会長は、NHKのBS歴史館で関孝和を取り上げた時にも取材を受けた有名な方です。

残念ながら、今回の講演会は聞けませんでした。

上毛新聞の記事を転載して置きます。

2014_03_03_11.jpg

確定申告を提出して来た。

2回の大雪の後かたずけ、確定申告の資料集めとバタバタしているうちに、
2月が終わってしまった。

今日3月2日に、確定申告を提出して来たので、これから和算の学習が
再開できる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。