高崎・和算愛好会 管理人ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和算を学ぶことは、楽しすぎて、危険だ。

先日、『「数」の日本史』を読んでいて、大きなショックを受けた。

「円理豁術」を確立した 和田寧 についての記述だった。

記述内容は、次のようなものだった。

225ページ9行
 
   「和田寧に至っては極貧の中で死に、その墓も立てられず、

    妻子は餓死したと伝えられている。」




和算を学ぶことは、楽しすぎる。生業を顧みなくなる。

和算を学ぶことを生業にできない者は、生活の不安を無くしてから和算を始めるべきだ。

私もまだ年金くらしでは無いので、反省してアルバイトを始めた。

和算も休日に限ることにした。

ホームページやブログの更新も、週一レベルになります。
スポンサーサイト

たけしのコマ大数学科が9月末で終了。

今朝、ひさしぶりに「たけしのコマ大数学科」を見たら、
『今回を入れて後3回で終了』と、重大発表をしていた。

始まった頃は、会社から帰って夕食をたべながら良く見たが、
この頃は、あまり見なかった。
スタジオの背景には、和算の問題が有ったが、実際の問題には
和算問題はあまりなかったように思う。

私は、数学があまり得意でないので、放送の時間内では、
ほとんど解けなかった。

今回の問題は、解けそうに思えたが無理だった。
和算の図形問題とも言えるものだった。

17日の朝、24日の朝で終了らしいので、しっかり見よう。
最終回は、普段とちがって・・・となるので、面白くなさそうだが。

9月10日放送の問題を付けておきます。
2013_09_10_3.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。