高崎・和算愛好会 管理人ブログ

算額見学会の案内が、上毛新聞にも載りました

11月23日の上毛新聞に、群馬県和算研究会の算額見学会の案内が載りました。

001.jpg
002.jpg






スポンサーサイト

算額見学会のお知らせ

群馬県和算研究会の見学会です。
2017_11_20_1.jpg






下は、倉賀野神社だけの見学会です。
2017_11_20_2.jpg





第45回 前橋市郷土芸能大会へ行ってきました

11月18日に、第45回 前橋市郷土芸能大会へ行ってきました。
2017_11_18_001.jpg
2017_11_18_002.jpg
2017_11_18_003.jpg
2017_11_18_004.jpg
2017_11_18_005.jpg
2017_11_18_006.jpg
2017_11_18_007.jpg
2017_11_18_101.jpg
2017_11_18_102.png
2017_11_18_103.jpg
2017_11_18_104.png
2017_11_18_105.png
2017_11_18_106.png
2017_11_18_107.jpg
2017_11_18_108.png





祝!上野三碑 世界の記憶 登録 、拓美の会の拓本展が終了しました。上野三碑は号外も出ました。

10月30日の上毛新聞に掲載されました。
2017_10_30_1.jpg
2017_10_30_3.jpg



10月27日~11月1日で開催した、拓美の会の「拓本展」は、
開催中の10月31日に、上野三碑の世界の記憶登録が決まり 
お祝いの中 終了しました。


拓本展


上野三碑 号外

会員の記憶に残る拓本展でした。なんとか、記録も残せるように考えています。




上州石仏の詩の展示会を見てきました

10月22日の上毛新聞に載っていました。
2017_10_27_1.jpg
2017_10_27_2.jpg

10月24日に 見に行ってきました。
2017_10_27_3.jpg
2017_10_27_4.jpg


2017_10_27_5.jpg

2017_10_27_6.jpg

2017_10_27_7.jpg


2017_10_27_8.jpg

拓本展石碑之路の 案内はがき と 出品目録 が完成しました

10月11日に、拓美の会の例会で、高崎中央公民館へ行ってきました。

拓本展の 案内はがき と 出品目録 が完成しました。

案内はがき
2017_10_16_01.jpg

2017_10_16_02.jpg

出品目録
2017_10_16_03.jpg



伊勢崎市境町へ、境拓本同好会作品展を見に行ってきました

10月7日に、境拓本同好会作品展を見に行ってきました。
かなり大回りになりますが、高崎線、両毛線、東武伊勢崎線と乗り継いで、
前後の徒歩も入れると2時間弱の工程です。

拓美の会で、案内はがきのコピーをもらったのですが、
7日に無料体験コーナーがあると載っているので、7日に行けたらと思っていました。
案内はがきのコピー
2017_10_08_01_2.jpg

10月7日の上毛新聞にも載っていました。
2017_10_08_02.jpg
2017_10_08_03.jpg

出品目録の表紙
2017_10_08_04.jpg

出品目録の裏表紙
2017_10_08_05.jpg

作品例1
2017_10_08_06.jpg

作品例2
2017_10_08_07.jpg

作品例3
2017_10_08_08.jpg

作品例4
2017_10_08_09.jpg

これが、体験コーナーの採拓用の板
採ってきた拓本を基にして、板を彫ったとのこと。非常に参考になった。
2017_10_08_10.jpg

作品例の写真は、フラッシュをたかないで撮った。
ピントが少しずれている。軸装の柄が良く撮れなかった。





「左道通行」の道標が設置されていました

9月23日に、「左道通行」のみちしるべが設置されているのを見つけました。
セブンイレブン高崎倉賀野町正六店の前,しののめ信用金庫倉賀野支店の向かいです。
2017_09_23_1_2.jpg
2017_09_23_2_2.jpg

以前聞いていた場所と違うので、9月24日の倉賀野宿の会例会,
10月5日の倉賀野観光ガイドの会例会で、聞いて見ました。
みちしるべの裏に「内務省」と入っているから らしい。
2017_09_23_3_2.jpg

当初設置を考えていた、一里塚跡の案内板がある場所は、高崎市の土地です。

現在、県道121号ですが、その前は国道17号で国の管理でした。
国道の拡幅の時に、私の家も土地を分筆して、国道側を内務省へ売却しています。
内務省と書かれているものは、県道の敷地へということでしょうか?」

設置許可を得るのが、高崎市から群馬県に変わって、また時間がかかったらしい。


ところで、国道17号はいつからだろう?
道路法が新しくなったのは、昭和27年かな?
この前は、国道9号だったのでは?と思うが、だれに聞いてもはっきりしない。
ちょっと調べてみよう。


この道標が、倉賀野に戻って来るまでの幸運については、次のブログが詳しい。

      幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(1)隠居の思ひつ記

      幸運を呼ぶ道標 「左道通行」(2)隠居の思ひつ記




群馬県和算研究会の例会に、桐生へ行ってきました

10月1日に、群馬県和算研究会の例会で、桐生へ行ってきました。
今回も私は、発表は無く、11月26日に予定している算額研究会の準備状況報告だけです。

発表は次の5件でした。
1.お家流くずし字の「算法新書」巻之二 の解読と計算 :皆川一郎さん
2.和算の曲率問題とメネラウスの定理           :小曽根淳さん
3.円錐曲線に接する累円群                 :木下 宙さん
4.茨城県大栄寺の算額解法(その3)            :鶴見和之さん
5.難問・明星輪寺算額に対する某書発表解法は、
  題意解釈の誤解?                      :長井宏之さん

むつかしい話が多く、なかなか理解できないのですが、聞いていると分かったつもりになります。

次の資料を受領しました。
1.群馬県立歴史博物館紀要 第38号抜刷 「堤堀普請人足割□□の事」
2017_10_02_01.jpg

2.和算問題教材化研究会 会誌 「和文化数学」創刊号 
  表紙
2017_10_02_02.jpg
  目次
2017_10_02_03.jpg
  最終ページ
2017_10_02_04.jpg

3.和算問題教材化研究会 第4回研究会総会 の案内
2017_10_02_05.jpg

教育をする側の人には、「和算問題教材化研究会」は一度参加してみたらいかがでしょう。

私のような、和算を教わって楽しもうと思っている者には、遠いと思いました。





前橋に、トンボがたくさん飛んでいました

8月23日に、前橋の群馬県図書館へ行ってきました。

帰りに、広瀬川の橋の上と、次の交差点付近に、たくさんのトンボが飛んでいました。

秋になると、山からトンボがたくさん帰って来るのは、毎年良く見ますが、少し早いかな?

トンボは、5センチ程度で、オレンジ色です。まだ赤くなっていないアキアカネ(赤とんぼ)か、

ウスバキトンボなのか分かりません。飛んでばかりいて、止まりません。

写真を3枚取りましたが、痕跡レベルです。
1枚目
2017_08_24_2_1_1.jpg
痕跡付近の拡大1   何か飛んでいるのがわかります。
2017_08_24_2_1_2.jpg
痕跡付近の拡大2   何か飛んでいるのがわかります。
2017_08_24_2_1_3.jpg

2枚目
2017_08_24_2_2_1.jpg
痕跡付近の拡大3   何か飛んでいるのがわかります。
2017_08_24_2_2_2.jpg
痕跡付近の拡大4   何か飛んでいるのがわかります。
2017_08_24_2_2_3.jpg

3枚目 交差点付近
2017_08_24_2_3_1.jpg
痕跡付近の拡大5   トンボに見えます。
2017_08_24_2_3_2.jpg
痕跡付近の拡大6   トンボに見えます。
2017_08_24_2_3_3.jpg



カラスビシャクのその後 2

7月の中旬にきれいに除草されて、無くなっていましたが、

8月初めに、また、芽を出していました。

しかし、見つけた翌日、再び除草されて、無くなっていました。

8月23日に、特徴的な3枚の葉の芽が、2か所出ていました。

2017_08_24_01.jpg



「関孝和の業績」の記事が上毛新聞に載っていました

7月25日の上毛新聞に、「関孝和の業績」の記事が載っていました。

2017_07_30_1.jpg





カラスビシャクのその後

5月末に見つけた、カラスビシャクの花は、6月14日には枯れていました。

その後、6月28日に、また花が咲いているのを見つけました。
2017_07_15_1.jpg

2回目の花も、7月5日には、枯れてしまっていました。
2017_07_15_2.jpg

7月11日には、きれいに草取りがされていました。もうこの後はなさそうです。
2017_07_15_3.jpg




これは花なのかな? 何という植物なんでしょう? カラスビシャクらしい。

5月27日に、道路沿いの植え込みで、見つけました。

へびが鎌首を上げているようにも見えるので、マムシグサとでも言うのかと思い
調べたが、わからなかった。
2017_06_14_2_01.jpg

拡大してもよくわからない。
2017_06_14_2_02.jpg

6月14日現在は、既に枯れてしまったようです。

2017年6月15日追加。
もう一度落ち着いて調べました。
カラスビシャク(烏柄杓)という草らしい事がわかりました。



前橋駅北口から延びる、けやき並木の歩道に、初代ぐんまちゃんのタイルを見ました

このごろ、ブログの更新を休んでしまいました。
毎日、予定に追われて、落ち着けないのが原因です。

忘れないようにブログに書こうというものは、それなりにあって、
積み残しを整理しようとすると、さらにブログ更新が遠くなる毎日でした。

あまり考えないで、すこし、更新します。

今回のは、5月9日に群馬県立図書館へ行くときに見た、初代ぐんまちゃんのタイルです。
2017_06_14_1_04.jpg

このタイル?ブロック?は、前橋駅の北口ロータリーから更に北へ延びるけやき並木の
東側の歩道にありました。いつもは、西側の歩道を使っているので、良く知りませんでした。

駅から、東側の歩道に入ってすぐに振り返って、前橋駅方向を見た写真です。
2017_06_14_1_01.jpg

足元には、「旧前橋駅舎」のタイルがあります。
2017_06_14_1_02.jpg

次は、「上毛かるたから す 裾野は長し赤城山」です。
2017_06_14_1_03.jpg

次が、初代「ぐんまちゃん」ですが、もう載せてしまったので、先にいきます。

ここで、もう一度 前橋駅方向を見た写真です。
けやきの周りに植え込みがありますが、ここから変わります。
2017_06_14_1_05.jpg

屋根が有って、水道もある場所が歩道にあります。
2017_06_14_1_06.jpg

そこには、車道方向から見るような向きで、「県の花れんげつつじ」のタイルが、ぐんまちゃんも
2017_06_14_1_07.jpg

次のタイルは、「前橋市のマスコット ふーちゃん」です。初めて知りました。
2017_06_14_1_08.jpg

この先方向を見た写真です。
2017_06_14_1_09.jpg

次のタイルは、「市の花 バラ」とふーちゃんです。 数字は、なんでしょう?
2017_06_14_1_10.jpg

次は、「県の鳥 やまどり」です。
2017_06_14_1_11.jpg

これは、なんでしょう?老夫婦と孫かな?まわりのカタカナは、どういうこと?
2017_06_14_1_12.jpg

ここから先の写真です。けやきのまわりに植え込みは無く、金属のベンチのようなものがあります。
2017_06_14_1_13.jpg

モニュメントがありました。
2017_06_14_1_14.jpg

「シルバートピア道路」の名前があります。
シルバートピアをWEBで検索すると、介護施設ばかり出てきて、関係なさそうです。
平成4年(1992年)~平成6年(1994年)に行われた、
前橋市の「シルバートピア道路整備事業」で作られたものと想像できます。
2017_06_14_1_15.jpg

右側には、バラ園の絵があります。
2017_06_14_1_16.jpg

交差点の手前には、道路の案内図のタイルがありました。ここで、終わりのようです。
2017_06_14_1_17.jpg




太陽のまわりに、二重の虹のようなものを見ました

5月12日の昼12時ころ、太陽のまわりに二重の虹のようなものが出ているのを見ました。

普通の虹は、弧の外側が赤で内側が青です。

また、二重の虹が見える場合は、
内側の虹は、弧の外側が赤で内側が青、
外側の虹は、弧の外側が青で内側が赤だと思います。

今回のものは、両方とも、弧の外側は青で内側が赤でした。

5月12日12時15分に撮った写真がこれです。
2017_05_19_1 2017_05_12 12_15



5月13日の上毛新聞にも、載っていました
2017_05_19_2.jpg
2017_05_19_3.jpg






「石碑之路(いしぶみのみち)に、拓本を採りに行ってきました。今年3回目です。

5月8日に、「石碑之路(いしぶみのみち)に、拓本を採りに行ってきました。
今年3回目です。
今回は、金井沢碑に近い方です。

今回の採拓の目的は、この碑です。
2017_05_13_01.jpg

碑のかたわらに、説明板があります。一緒に碑文の写真がありますが良く見えません。
万葉集 巻 第14 3417 です。
2017_05_13_02.jpg

採拓の途中です。
額縁(碑文の周りの部分をここではこのように言うことにします)は、51cm×34cmでした。
2017_05_13_03.jpg
今回は、疲れ切ってしまわないように、採拓は1つにしました。


時間が少しあるので、周りを散策しました。
今回採拓した碑は、道路の端にあります。
道路を走っていく自動車がありますが、その近くにバス停があります。
2017_05_13_04.jpg


これが、バス停です。
今朝、高崎駅西口8時20分のバスで、ここへ8時41分到着です。
アクセスは良い方なので、初心者の練習には手ごろです。特別な許可も得る必要はありません。
2017_05_13_05.jpg


この近くには、高崎商科大学が中心の「石碑の路」再生プロジェクトが設置してくれた碑が9つあります。
今回採拓した碑の少し先に、やはりバス通り端にあります。
2017_05_13_06.jpg
万葉集 巻 第14 4310 です。額縁は、48cm×33.5cmです。
2017_05_13_07.jpg


少し、バス停に戻る方向に、高崎自然歩道が出てくるのですが、そこにも1つ。
2017_05_13_08.jpg
万葉集 巻 第2 107 です。額縁は、89cm×28.5cmです。
2017_05_13_09.jpg



高崎自然歩道に入って、6つの碑が数10m間隔で並んでいます。近い方から。
万葉集 巻 第14 3409 です。額縁は、41cm×43cmで、下の端は接地しています。
2017_05_13_10.jpg


万葉集 巻 第20 4404 です。額縁は、60cm×43cmです。
2017_05_13_11.jpg


万葉集 巻 第14 3477 です。額縁は、59cm×40cmです。
2017_05_13_12.jpg


万葉集 巻 第14 3495 です。額縁は、55cm×42cmです。
2017_05_13_13.jpg


万葉集 巻 第14 3442 です。額縁は、44cm×42cmです。
2017_05_13_14.jpg


万葉集 巻 第14 3512 です。額縁は、68cm×34cmです。
2017_05_13_15.jpg





おもてなし館で、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を行いました。

倉賀野町民向けの、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を5月2日,3日に行いました。
私は、3日の方に参加しました。

2017_05_12_1.jpg
2017_05_12_2.jpg


5月11日、倉賀野観光ガイドの会の定例会に出席しました。

7月に、高崎市民向けの、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を実施しようということになりました。



上毛新聞から、獅子舞の記事2件+2件

4月29日、5月1日、5月3日、5月9日それぞれ、獅子舞の記事が載っていました。

4月29日は、清水獅子舞です。
2017_05_10_1.jpg
2017_05_10_2.jpg


5月1日の記事は、高崎市吉井町の民俗芸能大会の記事です。
獅子舞も何組か参加したのではないでしょうか?
2017_05_10_5.jpg
2017_05_10_6.jpg


2017年5月12日追加
5月3日の記事は、中之条町の上折田獅子舞です。
2017_05_12_3.jpg
2017_05_12_4.jpg


5月9日の記事は、小野上温泉まつりで、獅子舞も披露されたというものです。
2017_05_12_5.jpg
2017_05_12_6.jpg




関孝和について、上毛新聞に載っていました

4月21日の上毛新聞に、群馬県和算研究会会長の、関孝和の紹介記事が載っていました。

2017_05_09_01.jpg