高崎・和算愛好会 管理人ブログ

太陽のまわりに、二重の虹のようなものを見ました

5月12日の昼12時ころ、太陽のまわりに二重の虹のようなものが出ているのを見ました。

普通の虹は、弧の外側が赤で内側が青です。

また、二重の虹が見える場合は、
内側の虹は、弧の外側が赤で内側が青、
外側の虹は、弧の外側が青で内側が赤だと思います。

今回のものは、両方とも、弧の外側は青で内側が赤でした。

5月12日12時15分に撮った写真がこれです。
2017_05_19_1 2017_05_12 12_15



5月13日の上毛新聞にも、載っていました
2017_05_19_2.jpg
2017_05_19_3.jpg






スポンサーサイト

「石碑之路(いしぶみのみち)に、拓本を採りに行ってきました。今年3回目です。

5月8日に、「石碑之路(いしぶみのみち)に、拓本を採りに行ってきました。
今年3回目です。
今回は、金井沢碑に近い方です。

今回の採拓の目的は、この碑です。
2017_05_13_01.jpg

碑のかたわらに、説明板があります。一緒に碑文の写真がありますが良く見えません。
万葉集 巻 第14 3417 です。
2017_05_13_02.jpg

採拓の途中です。
額縁(碑文の周りの部分をここではこのように言うことにします)は、51cm×34cmでした。
2017_05_13_03.jpg
今回は、疲れ切ってしまわないように、採拓は1つにしました。


時間が少しあるので、周りを散策しました。
今回採拓した碑は、道路の端にあります。
道路を走っていく自動車がありますが、その近くにバス停があります。
2017_05_13_04.jpg


これが、バス停です。
今朝、高崎駅西口8時20分のバスで、ここへ8時41分到着です。
アクセスは良い方なので、初心者の練習には手ごろです。特別な許可も得る必要はありません。
2017_05_13_05.jpg


この近くには、高崎商科大学が中心の「石碑の路」再生プロジェクトが設置してくれた碑が9つあります。
今回採拓した碑の少し先に、やはりバス通り端にあります。
2017_05_13_06.jpg
万葉集 巻 第14 4310 です。額縁は、48cm×33.5cmです。
2017_05_13_07.jpg


少し、バス停に戻る方向に、高崎自然歩道が出てくるのですが、そこにも1つ。
2017_05_13_08.jpg
万葉集 巻 第2 107 です。額縁は、89cm×28.5cmです。
2017_05_13_09.jpg



高崎自然歩道に入って、6つの碑が数10m間隔で並んでいます。近い方から。
万葉集 巻 第14 3409 です。額縁は、41cm×43cmで、下の端は接地しています。
2017_05_13_10.jpg


万葉集 巻 第20 4404 です。額縁は、60cm×43cmです。
2017_05_13_11.jpg


万葉集 巻 第14 3477 です。額縁は、59cm×40cmです。
2017_05_13_12.jpg


万葉集 巻 第14 3495 です。額縁は、55cm×42cmです。
2017_05_13_13.jpg


万葉集 巻 第14 3442 です。額縁は、44cm×42cmです。
2017_05_13_14.jpg


万葉集 巻 第14 3512 です。額縁は、68cm×34cmです。
2017_05_13_15.jpg





おもてなし館で、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を行いました。

倉賀野町民向けの、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を5月2日,3日に行いました。
私は、3日の方に参加しました。

2017_05_12_1.jpg
2017_05_12_2.jpg


5月11日、倉賀野観光ガイドの会の定例会に出席しました。

7月に、高崎市民向けの、大河内家の参勤交代行列人形の説明会を実施しようということになりました。



上毛新聞から、獅子舞の記事2件+2件

4月29日、5月1日、5月3日、5月9日それぞれ、獅子舞の記事が載っていました。

4月29日は、清水獅子舞です。
2017_05_10_1.jpg
2017_05_10_2.jpg


5月1日の記事は、高崎市吉井町の民俗芸能大会の記事です。
獅子舞も何組か参加したのではないでしょうか?
2017_05_10_5.jpg
2017_05_10_6.jpg


2017年5月12日追加
5月3日の記事は、中之条町の上折田獅子舞です。
2017_05_12_3.jpg
2017_05_12_4.jpg


5月9日の記事は、小野上温泉まつりで、獅子舞も披露されたというものです。
2017_05_12_5.jpg
2017_05_12_6.jpg




関孝和について、上毛新聞に載っていました

4月21日の上毛新聞に、群馬県和算研究会会長の、関孝和の紹介記事が載っていました。

2017_05_09_01.jpg




大八木諏訪神社の獅子舞を見てきました

4月29日、たかさきスプリングフェスティバルで、大八木諏訪神社の獅子舞を見てきました。
写真やビデオで見たことはあるのですが、実物は初めてでした。

大八木諏訪神社の獅子舞は、舞の流派は判官流(はんがんりゅう)です。
「棒使い」があるのですが、今回は行われませんでした。

『5つの演目があるが、今日は「天狗獅子(てんぐじし)」を披露します。』とアナウンスされていたが、
たぶん、「天狗拍子(てんぐびょうし)」のアナウンスあやまりだろうと思われる。

5つの演目とは、「天狗拍子(てんぐびょうし)」「三拍子(さんびょうし)」「振込み(ふりこみ)」
「サツマ」「相拍子(あいびょうし)」と思う。(アナウンスだけなので意味が取れない部分がある。)

今回は、小学生が主体ということです。笛も1名以外は、小学生のようです。
2017_05_07_01.png

入場は、ぐるりと一周してから、天狗拍子です。
獅子の前に、大黒が軍配と枡(ます)を持って大黒の面で進みます。
カンカチが金属の短い棒を打ち鳴らし、鳥兜(とりかぶと)に天狗面で続きます。
2017_05_07_02.png


獅子は、前獅子,中獅子,後獅子で、前獅子,後獅子がオス、中獅子がメスです。
2017_05_07_03.png


カンカチの金属音は、獅子の太鼓の音とほぼ同じタイミングに聞こえます。
2017_05_07_04.png


カンカチの舞も、獅子の舞とほぼ同じです。大黒の舞は他の4人と少し違います。
2017_05_07_05.png


正味17~18分でした。退場後の様子です。かわいい印象がした獅子舞でした。
2017_05_07_06.jpg


祭りからの帰りに、お堀のさくらを見てみました。
さくらが散って20日くらい、花がらもありますが、葉が大きくなり、実も膨らみ始めています。
2017_05_07_07.jpg


2017_05_10追記
4月30日の上毛新聞に、スプリングフェスティバルの記事が載っていました。
2017_05_10_3.jpg
2017_05_10_4.jpg

獅子舞は、芸能祭の一部でした。






山名の「石碑の路(いしぶみのみち)」へ、拓本を採りに行ってきました

4月24日に、拓美の会で、山名の石碑の路へ採拓に行って来ました。

山ノ上碑駐車場から、石碑の路へ途中から入ります。
ここから先には、トイレがありません。採拓用に、水をペットボトルにたくさん持って出発です。
「高崎自然歩道」の案内板と、石碑の路4番目の碑が見えます。
2017_04_26_01.jpg


石碑の路4番目の碑です。万葉巻14-3403。
今日は、7番目の碑を目指して、先に進みます。
2017_04_26_03.jpg


長い石段です。水6リットル超と拓本用具を持って、2回休みで登りました。
2017_04_26_04.jpg


山ノ上碑へ到着です。
左のミドリの覆屋(おおいや)の中に、山ノ上の碑があります。
覆屋の窓から山ノ上碑を覗きました。覆屋には碑文の説明があります。

覆屋の右に、円墳があり、ますさらに右に石碑の路がつづきます。
左端に、石碑の路6番目の碑があります。万葉巻14-3402。
2017_04_26_05.jpg


覆屋に向き合って、説明板があります。
2017_04_26_06.jpg


7番目の碑が、路の右に見えてきました。
2017_04_26_07.jpg


7番目の碑の説明板です。万葉巻14-3545。
2017_04_26_09.jpg


7番目の碑です。カタカナで書かれています。
2017_04_26_08.jpg


採拓しました。なかなか満足できるものが取れず、2枚取りましたが、体力が続かず、
2枚で終わりにしました。ちょっと不満。
2017_04_26_10.jpg


採拓中に気になったのですが、揮毫は山本聿水(やまもといっすい)ですが、
カタカナで「イッスイ カク」とあるだけです。
2017_04_26_11.jpg


ほかの、山本聿水の揮毫の碑はどうなのか?11番の碑を見に行きました。
2017_04_26_12.jpg


う~む。11番の碑は、本文は、万葉かな 名前は漢字で落款ありです。疑問は解決しませんでした。
2017_04_26_13.jpg


万葉巻14-3531です。
2017_04_26_14.jpg


お昼も食べて、体力も少し戻ったので、採拓しました。
碑面に丸みがあって、拓本にシワが出てしまいます。2回試みたが、うまく採れなかった。
からだもクタクタで、ここであきらめました。
2017_04_26_15.jpg


山本聿水とあるはずですが、「聿」の字はそれらしく見えます。
2017_04_26_17.jpg


今回は、疲労困憊で帰ってきました。2日間も腕,ももの筋肉痛が残りました。
去年に比べて体力の衰えが気になります。





関孝和に関する記事が載っていました

4月21日の上毛新聞に、群馬県和算研究会の会長の記事が載っていました。


2017_04_21_1.jpg



4月22日、「倉賀野宿の会」に入会しました。
昨年の秋から、何回か見学させていただいたのですが、今回正式に入会させていただきました。

郷土史関連の会で、今年が発足10年目らしい。
「雁会(かりがねかい)」に入会していた人が何人もいて、本に載っていない、いろいろな話を聞けます。

『退職したら雁会に入りたい』と思っていましたが、「雁会」は解散していたらしく参加できませんでした。
退職後8年目に、やっと同じような活動をしている「倉賀野宿の会」に入会できました。



獅子舞の記事4件

4月16日、17日の上毛新聞に、獅子舞の記事が4件ありました。


4月16日、渋川市の箱田獅子舞 と 富岡市中高瀬獅子舞 です。
2017_04_19_1.jpg
2017_04_19_2.jpg


4月17日、渋川市の三原田の獅子舞 です。
2017_04_19_3.jpg
2017_04_19_4.jpg


4月17日、渋川市の行幸田の獅子舞 です。
2017_04_19_5.jpg
2017_04_19_6.jpg




色彩魚拓は、見に行けませんでした

4月15日の上毛新聞に、色彩魚拓の作品展の記事が載っていました。

「色彩魚拓は、魚に和紙をかぶせて顔料を含ませた綿でたたきながら制作する。」と
あり、魚に墨を塗って取る魚拓とはまったくちがうものです。

わたしがやっている拓本と同じようなものです。

拓本にも、色彩拓というのがありますが、その仲間です。
2017_04_18_1.jpg
2017_04_18_2.jpg

16日に行こうとしたのですが、「サラダパークぬまた」までは、JR東日本の沼田駅から
バスで30分ほどのところにあり、土日はバスが4往復しかない。
月~金なら、バスも倍くらいあるのに。

残念ながら、今回は縁がなかったと あきらめました。



中之条町の下沢渡諏訪神社の獅子舞も、秋だそうです

4月12日の上毛新聞に載っていました。
中之条町の下沢渡諏訪神社の獅子舞も、秋だそうです。

2017_04_16_1.jpg
2017_04_16_2.jpg




つばめが来ました

4月14日、古墳を見て回っている会のガイドがあり、浅間山古墳(せんげんやま こふん)と
大鶴巻古墳(おおずるまき こふん)の案内をしました。

ガイド終了後、町を散策したら、つばめが来ているのを見つけました。
ことし、初めてのつばめです。
2017_04_14_1.jpg


つばめが飛んでいるところが、なかなか取れません。
4月15日に、なんとか写ったのがこれです。拡大するとピンボケで、ここまでです。
2017_04_15_1.jpg


庭の日陰の草のなかに、花が咲いていました。植えた記憶は無いのですが。
2017_04_15_2.jpg
何のはなでしょう?シャガでしょうか?


去年、自然に生えてきたイチョウにも、小さな葉が出てきました。
春がすごい勢いで進んでいます。
2017_04_15_3.jpg



「山名宗全のことば」の碑 の 拓本を採りに行ってきました

4月10日、山名の石碑の路(いしぶみのみち)に、採拓に行ってきました。


まず、「石碑の路」と書かれた大きな碑の採拓です。
この碑は、山名八幡宮の参道わきにあります。
作業前に会長と社務所へごあいさつに行き、境内2か所の採拓の許可を頂いています。
大きいので、先輩方と共同採拓です。正面が、山名八幡宮です。
2017_04_12_2_1.jpg


参道を横切って、高崎行きの上信電鉄の電車が行きました。参道は地下道になっています。
2017_04_12_2_2.jpg


ここが、地下道の入口です。意外と小さい。
2017_04_12_2_3.jpg


さくらをくぐって、線路をくぐるわけです。
さくらが盛りでした。
2017_04_12_2_4.jpg


よく見ると、ミツバチがいます。
2017_04_12_2_5.jpg


地下道を抜けて、随神門をくぐって、振り向くと、
随神門の間に、下仁田方面行きの上信電鉄の電車が見えました。
2017_04_12_2_6.jpg


さて、本題の山名宗全のことばの採拓です。単独採拓です。
2017_04_12_2_7.jpg
『凡(およ)そ例(れい)といふは 其時(そのとき)が例(れい)也(なり)』と、わたしは読みました。
例という漢字を、(れい)と読むか(たとえ)と読むか分かりませんが、
前例(ぜんれい)のことを言っているように思えたので、それを感じられるように(れい)にしました。

「塵塚物語 巻六 山名宗全と或大臣問答事」の中のことばです。『雑史集』p414に載っています。
一般に、「山名宗全の名言」としては、『およそ例という文字をば、・・・』と文の始まりの方がしられているが、
文の終わりに、内容をまとめてこの碑のことばで結んでいるので、こちらが碑文になっているのだろう。
2017_04_12_2_8.jpg


採拓も終わり、山名八幡宮の境内の「ピッコリーノ」というパン屋さんで、天然酵母のパンを買いました。
2017_04_12_2_9.jpg


上信電鉄の山名駅は、時間により無人駅になってしまいますが、
今日は疲れたので、早く終わりにしたので、切符が買えました。
いまでは、珍しくなった硬券(こうけん)です。
2017_04_12_2_10.jpg


駅で、上野三碑(こうずけ さんぴ)のタオルを買いました。250円。
2017_04_12_2_11.jpg


上野三碑(こうずけ さんぴ)の説明文が入っていました。
2017_04_12_2_12.jpg

上信電鉄の電車に乗って帰りました。





4月8日、花を見ながら散歩しました

4月8日 倉賀野観光ガイドの会 総会 (新入会員紹介、新年度活動方針&計画)
      総会の後、花見を予定していましたが、あいにくの小雨で、
      おもてなし館で、お弁当になりました。

      おもてなし館に新規設置した、高崎藩の大名行列のジオラマ(?)の
      説明を聞きました。

午後は、雨もあがり、花見の散歩をしました。

安楽寺の さくら です。
今日は、花まつりです。
今朝、お参りして、あまちゃを掛けてきたので、午後は門前で失礼しました。
2017_04_12_1_1.jpg


倉賀野神社境内の さくら です。
2017_04_12_1_2.jpg


井戸八幡宮の さくら です。
2017_04_12_1_3.jpg


稲荷道のわきの さくら です。
2017_04_12_1_4.jpg

ここの さくら は、ほかに比べて、散り始めているようにみえますが、
1輪のままで落ちています。はなびらが落ちているわけではないです。
鳥(スズメやヒヨドリ)によるものでしょう。
2017_04_12_1_5.jpg


さくら ばかりになってしまいましたが、レンギョウもきれいでした。
2017_04_12_1_6.jpg





獅子舞の記事3件


2017_04_05_11.jpg
2017_04_05_12.jpg
2017_04_05_13.jpg



2017_04_05_14.jpg
2017_04_05_15.jpg





獅子舞の奉納は秋だそうです。2件

獅子舞の奉納は、秋まつり だそうです。

高崎市 金古諏訪神社

2017_04_05_01.jpg
2017_04_05_02.jpg


中之条町 岩本諏訪神社

2017_04_05_03.jpg
2017_04_05_04.jpg






『和算ジャーナル』第1号が発行されました

3月26日に、群馬県和算研究会の例会に、前橋へ行って来ました。

今回のテーマは、つぎの2つでした。
   1.来年の全国和算大会開催について、決定,準備開始
   2.『和算ジャーナル』第1号 投稿者から一言説明

群馬県和算研究会は、今まで『会報』という会報を発行していましたが、
50号を超えることを機に、リニューアルし、会報の名前も
『和算ジャーナル』となりました。

その創刊号が発行されたので、入手しました。

2017_03_31_01.jpg

2017_03_31_02.jpg

今回は、投稿できなかったが、次から投稿できるように努力したい。




上毛新聞に、三匹獅子舞の記事が載っていました

1月のガイドを行ったときに、田子屋の獅子舞の獅子頭を見せてもらいました。

この時の写真を載せると
2017_03_27_01.jpg

これ以降、三匹獅子舞に興味を持つようになりました。
すると、3月20日,3月21日と連続して記事が載っていました。

2017_03_27_02.jpg
2017_03_27_03.jpg


2017_03_27_04.jpg
2017_03_27_05.jpg


2017_03_27_06.jpg
2017_03_27_07.jpg


獅子頭も皆違うんですね。
那須の獅子舞の獅子頭は見たこと無い形です。歴史は古いようです。すごく見てみたい。

今まで知らなかったが、群馬県は三匹獅子舞が一番多い県らしい。
また、高崎市は、三匹獅子舞が最も多い地方自治体らしい。

まだまだ、知らないことがいっぱいあります。少し、獅子舞について調べてみようと思います。




3月25日までの3件

3月は、花粉症がひどく、ほとんど家にいました。
だからといって、家で何かできた訳では有りません。
花粉症の薬で、ボーとした、毎日がつづいていました。

3月9日  倉賀野観光ガイドの会 10時~12時 倉賀野公民館

3月13日 拓美の会(拓本同窓会) 10時~12時 高崎中央公民館

3月25日 倉賀野宿の会       10時~12時 倉賀野公民館

3月17日~3月23日 お彼岸
       3月16日 永泉寺 家の墓掃除
       3月17日 永泉寺 お彼岸の入り 墓参り
       3月19日 永泉寺 お彼岸の中日 墓参り
       3月20日 妻の実家へ
       3月21日 栗崎町の地蔵寺 墓参り
       3月23日 九品寺 墓参り



一関市博物館から、『和算に挑戦』の解答集が届きました

3月17日に、一関市博物館から、『和算に挑戦』の解答集が届きました。


2017_03_26_01.jpg

2017_03_26_02.jpg


2017_03_26_03.jpg


思っていたよりも、上級問題の応募者・正解数が少ないようです。

2017_03_26_04.jpg


群馬県から応募者10名を目標にしましたが、残念ながら4名でした。
私が紹介したことで、応募した人は、東京都から1名のみのようです。

2017_03_26_05.jpg

上級問題の審査後の講評です。優秀賞は新人を選んだとあります。

2017_03_26_06.jpg

表彰式の案内が来ていたので、私の優秀賞は知っていましたが、
群馬県の上級問題正解者3名のうち、2名が優秀賞とは思いませんでした。

2017_03_26_07n.jpg

優秀賞の賞状を頂きました。

2017_03_26_08.jpg


記念品として、『算法新書』の風呂敷を頂きました。

2017_03_26_09.jpg
2017_03_26_10.jpg